アーリーアメリカンスタイルの暮らし

ヴィンテージの似合う家、
快適性も犠牲にしない。

50'sアーリーアメリカンの家具や調度品に彩られることを前提とし、家づくりを考えはじめた当初から輸入住宅を検討されていたK様。「新築の検討をはじめた頃、他社の洋風も検討していました。でもヴィンテージでないと雰囲気が合わないしね。」とご主人は語る。そうした検討の末、カナダ輸入住宅のセルコホームがスタイル・性能・コストパフォーマンスあらゆる面から最適だったそうだ。
〝本格〟の形容通りの内容は、内外に見て取れる。白亜の外観にはアーチ上の窓やウッドテラスなどがアクセントを添え、洋館の雰囲気を醸し出す。また屋内も細部に至るまでイメージを統一。広々とした玄関ホールは、北米原産の柔らかで心地よいアルダー床がヴィンテージ感を演出。リビング・キッチンも同様に統一され、螺旋階段と共にオリジナリティ溢れる空間を形成している。

冷暖房効率の良さに奥様も大満足。

「実はこの螺旋階段、主人が自分で作ったんです。こういう階段がある家が良いと言って、基礎から対応してもらいました。柔軟に対応してくれたセルコホームさんにはとても感謝してます!」と、奥様も大満足のこのお宅。無論雰囲気だけでなく、これほどの吹き抜けやオープンな間取りでもなお、四季の快適性も十二分。高気密・高断熱により、オープンな間取りの方が冷暖房効率も良い仕組みになっている。
ご家族お気に入りのヴィンテージと、それにぴったりな雰囲気も快適性も適えられた家に抱かれて、K様ご家族の新しい暮らしがはじまった。